Musica Cuore Flute Ensemble

ムジカ・クオーレ フルートアンサンブル

 

宮本明恭 Akiyasu MIYAMOTO

1936年長野県須坂市出身。

子供の頃からピアノとヴァイオリンを学び、52年東京都立駒場高校(現都立芸術高校)音楽科へピアノ専攻で入学。

3年次にフルートへ転向し東京芸術大学へ進学、吉田雅夫氏に師事。

1957年現日本音楽コンクール管楽部門第1位入賞。

1958年よりプラハ音楽院に留学、卒業後スイス・チューリッヒにてA.ジョネ教授に師事。

1965年より1986年までNHK交響楽団に在籍、首席フルート奏者を務めた。

その間、J.S.バッハの「音楽のささげもの」を全曲編曲、日本初演をし、1966年から毎年リサイタルを開催する他、

15年にわたり20回の「古典フルート音楽連続演奏会」や5回の「20世紀のフルート音楽」シリーズを企画、NHK教育テレビのフルート講師、「プラハの春」国際コンクールの審査員、フィンランドにおける音楽祭でのソリスト等を務め、

2008年夏から、ヴァイオリン奏者の石川 静氏のグループと共に、プラハでセミナーと演奏会を行っている。

多くの作品を初演し、《平尾貴四男作品集》のレコーディングにより文化庁芸術祭優秀賞受賞。

現在ムジカ・クオーレフルートアンサンブル指揮者、N響団友、国立音大名誉教授。

音楽閑話

「演奏会に行こう!」「音楽会に行かない?」と誘っても、最近はなかなか同意する人がいない。

特に若い人の中では、内容も尋ねないで、首を横に振る人が多い。では音楽を聴いていないか、と言うと、

絶えずイヤフォーンを耳にして何かしらを聴いている。歩きながらや電車の中で。それで結構満足している。何を鑑賞しているのか知らない。イヤフォーンをしている本人も自覚があいまいだ。「何を聴いているの?」と尋ねると「モーツァルトのピアノ ソナタです」と答えるので「誰の演奏、何番のソナタ?」と聞くと「エーと?!」と言う答え。つまり唯聴き流しているにすぎない。私は、せめてクラシック音楽で嬉しかったと思う程度だ。でも情けない時代になったものだ。私が学生の頃、先生から「演奏会に行こう!」と言われたら即座に「ハイッ!」と言ってついて行った。内容を聞かなくても、先生の行く音楽会なら間違いない!と思っていたからだ。今、その様な先生も少なくなった。でも、たまに「何を聞いたら良いでしょう?」と尋ねてくる人がいて一寸嬉しくなる時がある。そんな時は「まずバッハを!」と言います。バッハの作品も膨大で、「何から.....?」と迷います。そんな問いには、「ケーテン時代の器楽作品」を進めています。

バッハの作品に親しんでいたら、様々な音楽が分ってきます。

top

 数多くの演奏会に行く様勧めています。
特に感受性が強く、把握力の旺盛な若い人達に。出来る限り、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの作品に多く
接する事を勧めます。すると、様々な事柄が分ってきます。演奏会で様々な作品に接した時、唯、漠然と聴くのではなく、どんな時代に生きた作曲家が書いた作品なのかを考えながら鑑賞すると、意外な発見があります。演奏面から見ると、各々の時代によって、曲のスタイルやキャラクターが異なります。
したがって、同じAllegroでも、同じ様に記譜された f や p も、時代の異なる作曲家によって意味や要求している内容が違ってきます。
例えば、バッハの合奏曲で f は、「全員でtutti」を表し、p は「独奏で、solo」を意味する場合等があります。
作品によっては、     スラーで記された所は「pで」、無い所は「f で」と言う場合もあります。
したがって、作品、作曲者と時代は、大変重要です。私は高校大学留学時代には、いつも単語カードに作曲家の名前を記し、裏に生年没年を書いて憶えました。100人位暗記しましたが、今は正確に憶えているのは少なくなりました。でもいいのです。大切な柱は残っているので、絵画、文学、建築等の歴史の話しを聞いた折でも歴史の横の関係、繋がりが感じられ、立体的に物事を見る助けとなります。

Vol.2 2012.11

Vol.1 2012.10

宮本明恭氏によるコラムのページです

 グレードの高い演奏会に行く様勧めています。
演奏を聴いている時、何を考えていますか?「美しい音楽だなァ」とか「綺麗な音だなァ」
時には「すばらしいテクニックだ!」と感じる事と思います。それでいいのですが、もっと深く曲を理解するために、
「音楽の三大キャラクター」と言う事を考えると、一層作品の内容が分ってきて、作曲家の意図が伝わって来ます。
三つの大きな曲の性格です。
1 )行進曲風のもの(マーチキャラクター)
2 )歌曲風のもの(ソングキャラクター)
3 )舞曲風のもの(ダンスキャラクター)
楽曲は星の数程ありますが、特殊な曲を除いて、この三つのキャラクターに当てはまります。
もちろん、はじめは1)、数小節進んで2)に変化し、と言う曲もあり、
モーツァルトの交響曲には、1)、 2)、 3)のキャラクターが同時進行している事もあります。
その様な事柄を捜し出すのは楽しい事ですし、自分で捜した時の喜びは.....もう有頂天になってしまいます。
 1955年頃コロンビアから往年の大指揮者B.ワルター(1876-1962)が、モーツァルトの “リンツ交響曲” のリハーサルを
収録したLPレコードが発売されましたが、この中でワルターが、楽曲のキャラクターとその表現について、
丁寧に説明していました。
演奏を鑑賞している折、絶えず 1)、 2)、 3)のどれかなァと考えて下さい。
この、 曲のキャラクターについては、音楽鑑賞並びに演奏する面でも根本的な、そして本質的な事柄ですので、
また別の機会にも取り上げる様になると思います。

Vol.3 2013.1

おんがくひまばなし

 何か楽器が演奏出来るという事は、すばらしい事です。もしも小さなお子さんが、楽器に興味を示したら、
何をおいても、習う事が出来る様、環境を整えてあげて下さい。六歳以下の場合は、ピアノが良いと思いますが、
ヴァイオリンでも可能です。フルートも不可能ではありませんが、体型や手が小さい場合は少し後になってからの方が、
良いと思います。大切な事は「音楽がしたい!!」という気持ちを育ててゆくことです。音楽を好きにさせる様にする事が最も大切です。
指導する先生も大切ですが、何と言っても重要な存在なのは「お母さん」です。母親が絶えず口ずさむ歌を子供はいつまでも心の中に留めておくものです。興味を持って楽器をはじめた子供が、皆専門家になる訳ではありません。しかし一時でも心に音楽を感じた子供は、優しい心の持主になる条件を一つ手に入れた事になります。もちろん音楽ではなく、スポーツでも絵画でも文学でもいいのですが。出来れば芸術分野の何かに早くから憧憬の念を持つ事が出来たら幸せではないかと思います。寒い厳しい冬が終り、梅や桜の花の時期になると、何か新しい事柄をはじめたいと思う気持ちになります。
「楽器を習ってみようかなぁ.....」と思われる人も多いのではないでしょうか。
次回から「学習の手引き」の様な内容で記してみます。

Vol.4 2013.3

Vol.5 2013.4

 何か楽器が演奏出来るという事は、すばらしい事です。「楽器を習うこと」を趣味とすると、生活に張りが出て来ます。何の楽器に巡り会うか、と言う事は、一口には言うことが出来ませんが、「楽器を習いたい!!」と強く思っていれば、必ず自分に合ったものが見つかる筈です。
どうしても分らない場合は、ピアノを習うと良いと思います。ピアノは全ての基本です。ピアノ以外の楽器演奏を聴いた折でも、この人はピアノが少し出来るな、と言う事は感じられます。ピアノが少しでも出来ると、楽譜の読み方が深くなる
からです。作曲家で立派な教師でもあったCh.Mヴィドール(1844~1937)は、「すぐれた演奏とは、まず立体的でなくてはならない、その為には楽曲の構成を知る事である」と説いています。いきなり難しい話しになってしまいましたが、子供を専門家にしようとするなら、まずピアノに向かう様にすべきです。
 さて、趣味でフルートを習いたい人は、まず指導者(先生)を捜す事が先決です。楽器は全て、音楽の学習は独学では
出来ません。まれに作曲等、独学で成功した例もありますが、楽器演奏の場合、独学はまず無理と言えます。巷には数多くの「音楽教室」があり、入会入門は自由です。楽器を初める人は、とかく「とりあえず」と考え、決めてしまいますが、
多くの人に相談して決定してください。子供の場合は出来る限り立派な指導者を選んで下さい。とにかく最初の先生で
かなりの部分が決定ずけられてしまうからです。

Vol.6 2013.6

 楽器の演奏を趣味とすることは、すばらしい事です。オカリナやハーモニカでも良いのですが、出来ればオーケストラで用いられている楽器だったら最高です。フルートをはじめる場合は、まず、
1 )先生を決める
2 )楽器を購入する
事が大切です。

楽器の選択は非常に難しい問題なのですが、決めた指導者に選んでもらうのが最善かと思われます。
フルートは大きく分けて本体部分と頭部管の部分になりますが、頭部管の価値で楽器全体の80%位が決まってしまいます。
古今の名器と言われるものには、ヘインズ、O.メーニッヒ、H.ハンミッヒ等がありましたが、この流れを継承している
メーカーは残念ながらありません。しかし 現在市販されているフルートは、様々な点で改良が加えられていて、使いやすくなっています。材質の事も問題となりますが、「銀製のものより金製の方が良い」ということはありません。
また、メッキ製の楽器が劣る、という事もありません。
より深く学びたい、と志している人は、楽器選択の場合、「管厚」について質問してみたら良いと思います。

さて、先生も決まったら、とにかく師の教えに従うべきです。良い教師は必ず「宿題」を出しますが、それを完璧に
マスターして次のレッスンに臨む様にして下さい。
レッスンには遅刻をせず、同じ事柄を二回注意されない様にする事等は、ごく一般的な事ですが、以外と守られていません。
教師の側にも問題は山積みです。
基本を丁寧に教える事、吹奏楽器演奏には「ロングトーン」が最重要かつ不可欠ですが、「自分でやっておきなさい」と言って聴いてくれず、すぐに曲を与える教師は、子供にすぐ駄菓子を与えるのと似ています。
全ての音階を順序立て、忍耐強く教えてくれる指導者に巡り会った人は幸せです。